LoadingLoading...

ばね機械

巻ばね機械

モリタアンドカンパニーのバネ専用機・製造プラントからつくり出される多様な巻きバネ製品。
供給先も、自動車産業を中心として幅広い産業分野におよんでいます。
技術領域もワイドで、最大線経100mmまで対応のコイルばね機械の実績もあります。

STEP 4 セッチング

STEP 4セッチング

セッチングマシン

へたり量が問題になるバネに、使用中のへたりを防止し、同時に材料の弾性限を高めることを目的とします。

コールドセッチングユニット B663S

コールドセッチングユニットB663S

装置概要

ショットピーニング後のコイルバネを2本ずつ常温セッチングする設備です。 ホットピーニングされたバネを冷却する機能も備えています。 セッチングが終了したコイルバネは塗装用のハンガーコンベアに吊り下げます。 バネの両端の形状によって、交換するジグはジグチェンジャー(オプション) により自動的に交換することが出来ます。

構成一覧
  • 水冷装置
  • セッチングマシン
  • ジグチェンジャー(オプション)
  • ペイントハンガーへの引っかけ装置
  • 位置決め装置及び搬送装置
仕様

※表は左右にスクロールできます。

製品仕様 線径 8~32mm
コイル外径 85~200mm
コイル内径(円筒形) 50~160mm
コイル内径(円錐形) Min. 50mm
自由長(プリセット前) 200~600mm
自由長(プリセット後) 160~550mm
巻方向
機械仕様 ヘッド数 2ヘッド
(1サイクルあたり2個のバネを処理するシステム)
加圧能力 Max. 3000kgf
荷重検出 ロードセル
加圧ドライブ ACサーボモータ
コイルバネの温度 常温
計測方法 コイルバネの高さ指定、荷重測定
サイクルタイム 平均 10 sec/2pcs.(約 600pcs./Hr)

ウォームセッチングユニット B564W

ウォームセッチングユニットB564W

装置概要

本設備は、全自動にて、焼き戻し炉排出コンベアー上のワークを受け取り、ショットピーニングの自転ローラーセンターへの受け渡しを、行う装置です。 ラインの中のコイルバネの搬送は、基本的には、シュート等による、フリードロップ方式は使用しません。 段取り換えは、オリエンテーション用シート及びセッチング用シートを作業者の方による手動交換になりますが、後は自動段取りとなります。

構成一覧
  • 焼き戻し炉のコンベアーからのアンローダー
  • オリエンテーション
  • オリエンテーションNG排出コンベアー
  • ウォームセッチング機へのローダー
  • ウォームセッチング機
  • ウォームセッチング機からのアンローダー
  • 途中挿入コンベアー
仕様

※表は左右にスクロールできます。

製品仕様 線径 10~20mm
コイル外径 85~190mm
コイル内径 60~165mm
自由長(セッチング前) 250~600mm
完成自由長 200~550mm
コイルバネ単重 1.0~8.0kg/pc
密着高さ over 60mm
総巻数 Max. 16
巻きこみピッチ Max. 180mm
サイクルタイム 平均 4.5 sec/pcs.

巻バネ・板ばね機械に関するお問い合わせは下記よりどうぞ

0568-77-1241FAX: 0568-73-5272

メールでのお問い合わせ

担当部署:営業部機械営業グループ

事業フィールド

事業フィールド
コンテンツ一覧