熱間成形機

熱間成型機
PHY100

Overview

本機はチタン合金やアルミ合金など 主に飛行機部品の熱間成形(Hot Sizing)用の油圧式特殊プレスです。
<特徴>
・垂直方向と水平方向の2方向のプレス
・プレス内で成形型と製品材料を合せて加熱
・加圧力、加圧速度、加圧動作位置などの任意設定が可能
・型をプレス内へ出し入れ(シャトルテーブル)が可能
・加熱装置扉の自動開閉機能 など

また、熱の漏洩や熱による装置の恒常性にも充分に対策を講じた装置となっております。
Arガス圧力のコントロール機能を付加した超塑性加工機(SPF:Super Plastic Forming)のご要望にもお応え致します。

PHY100

Constitution

垂直プレス
水平プレス(サイドフォース)
シャトルテーブル
機械制御装置
温度制御装置
油圧制御装置

Specification

Specification of Machine 垂直プレス荷重 max. 100,000kg
ストローク長さ max. 550mm
ダイハイト 100-500mm
水平プレス荷重 max. 50,000kg
熱盤(プラテン) 1400RL×1400FBmm
被加工物寸法・形状 各種
加工サイクル 最短 約10分/サイクル
加工温度 max. 約770 ℃