荷重選別機

ロードテスティングユニット
B663T

装置概要

塗装後のコイルばねを1本ずつ荷重測定し、その結果を5段階に選別する設備です。選別は高さ指定、荷重測定式です。不良品は+不良品と-不良品に分類し、ライン外へ排出します。合格品は識別マーキングした後、「+、0、-」に分類しライン外へ取り出します。ばねの両端の形状によって交換するジグはジグチェンジャー(オプション)により自動的に交換することが出来ます。

B663T

構成一覧

外し装置(ペイントハンガーからの)
テスティングマシン
ジグチェンジャー(オプション)
マーキング装置
選別コンベア
位置決め装置及び搬送装置

仕様

製品仕様 線径 8~20mm
コイル外径 85~200mm
コイル内径(円筒形) 50~160mm
コイル内径(円錐形) Min. 50mm
自由長(プリセット前) 200~600mm
自由長(プリセット後) 160~550mm
巻方向
機械仕様 ヘッド数 1ヘッド
(1サイクルあたり1個のばねを処理するシステム)
加圧能力 Max. 2000kgf
荷重検出 ロードセル
加圧ドライブ ACサーボモータ
コイルばねの温度 常温
計測方法 コイルばねの高さ指定、荷重測定
分類数 5分類(+NG + 0 - -NG)
サイクルタイム 平均 10 sec/サイクル(約 600pcs./Hr)